給与業務アウトソーシング ペイロール

  • TOP

製薬会社としてトップクラスの規模を持つA社。法人統合でその規模を約6,000名に拡大されました。法人統合する前は各社がそれぞれの給与システム・人事規定・運用ルールで管理されていました。統合後、規定をあわせ、人事情報・給与情報の一元管理を行うこととなり、法人統合における規定・運用ルール・システム統合を行うため、ペイロールにご依頼をいただきました。

4法人に対して、
全く異なるシステムと規定による処理

統一制度に移行するまでの
柔軟なシステム設定がない

4法人の制度を統合させても処理工程が
膨大に増え現状のシステムでは耐えられない

4法人それぞれのシステムを保有することで
二重コストが発生

法人異動や増員した大規模な処理に
対応できる体制になっていない

4法人で異なる人事の規定・運用が
なされている

人事部門全体の効率化を実施できる
体制になっていない

統合後、新制度導入までの旧制度に
対応する人員の不足

まず、ペイロールが蓄積した多くの製造業の事例を基に、法人統合による規定・運用ルール改正の検討・擦り合わせを行いました。複雑になる給与業務はアウトソースすることで可視化させ、新制度への移行期間の処理も柔軟に対応。それと同時に各事業所で説明会を実施し、従業員の混乱を最小限に抑えました。稼働後は各事業所の責任者への報告を定期的に行い、進捗や成果の共有などのフォローを行っています。

全国にある複数の拠点に対して、ペイロールのサービス責任者、担当窓口、コールセンターがひとつずつ細やかに対応。さらには、専門分野に対応するセンターを集約しているBPOセンターが季節業務や法改正対応も実施。様々なソリューションをご提供します。

法人統合にあわせて、人件費やシステム保守費用などのコストも削減し、総じて20%以上の削減率に。中長期的にみれば大きな差となります。また、表面化していなかったBCP費用、法改正対応なども大幅に減らすことに成功しました。

様々な課題・どんなご相談も、幅広い受託実績から得たノウハウを基にご満足頂ける解決策をご提案致します。